中1今後の分岐点。今が踏ん張りどころ!

現在の中1の状況ですが、部活動との両立に苦労している段階だと思います。

例年ですと4月仮入部、5月正式入部、6月7月と徐々に身体を慣らしながら勉強との両立に悩み始めるのですが、今年は今が正にその段階にある状態です。授業中も眠そうにしながらなんとか頑張っている状態です(ただし、今年は寝てしまう子は1人もいません!)。こういう状況ですので、成績もなかなか上がってこないお子さんが多いのですが、ここが踏ん張りどころで、親は踏ん張らせどころです。どんなに疲れてもきちんと勉強する(机に向かう時間をとる)という習慣をつけさせてください。「今日は疲れたから寝る」を認めてはいけません(体調が悪い場合は別ですよ)。もし、それができないなら部活をやめさせるというくらいの気概でお子さんと対峙してください。ここを乗り越えて勉強の習慣付ができれば3年間大丈夫です。必ず成績は上がってきます。頑張りましょう。

 

 ちなみに高校入試は

 学校の定期試験(中間、期末)平均点300〜330点の時、 最低280点

 実力試験平均点260〜290点 最低230点 位が現在の霞ヶ浦高校のラインです。

 日大・東洋大牛久は実力で370〜80くらいが最低ラインです。

 

 県立は、土浦一、竜ケ崎一の附属中学(各2クラス80名)の影響で、直下の竹園、土浦二、栄進、土浦三、牛久くらいまで影響が出てきそうです。(偏差値1〜2アップ)

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL

ページトップへ